いなすずヤギ日記 其の二

2014年の3月2日のとても寒い朝、いなすずに赤ちゃんヤギが誕生しました。
母親はココで、父親はケロです。

dscn4351

最初に気がついたときは、コユキは産み捨てられたように、地面に落ちていました。
ココの顔の下にある、黄色いものが後のコユキです。

dscn4349

その時実は二匹生まれていたのですが、残念ながら最初に生まれた子は、すぐに亡くなってしまいました。

dscn4355

でも後から生まれた子はすくすくと育ってくれて、コユキちゃんと名付けられました。
これらは生まれたてのコユキの写真です。

dscn4356
img_0315

この写真は生まれた次の日のものです。とても小さくてかわいいです。

img_0330
img_0333

これはしばらく経ってからのものです。

img_0156
コユキは、首の右側だけ肉垂(ぷらぷらしたもの)があります。
肉垂はお母さんのココには一つもなく、お父さんのケロには首に2つついているので、
遺伝的にその間となったのかも知れません。

そして父と娘、こうして見るとそっくりです。

img_0158

これは3匹そろっての、家族写真ですね。

img_0152

この頃動画を撮影していたので、アップしますね。

動きがかわいいです。ピョンピョンって感じです。

 

あるときコユキは足を怪我をしたせいか、エサを食べなくなってやせてしまったことがあります。
なぜかイソジンのうがい薬で、その傷の消毒をして治したのを覚えています。

その時期に柵の中に入ってコユキにエサやりをしていたら、何度もケロがそのエサを奪おうとしてきて、
それを必死に阻んていたら、ケロに思い切りお尻を頭突かれたことがあります。

それはかなりの力で、一瞬ケロのあごひげをハサミでちょん切ってやりたいと思うほどでした。

(実際は切ってません。(笑))

さて、いまではコユキもすっかり大きくなりました。

このいなすずホームページ冒頭の「のんきに、ようきに、ほがらかに」という理念の横のヤギが、現在のコユキです。

いなすずにお越しの際は、庭のヤギたちもご覧になって行って頂けると嬉しいです。

餌やりも大歓迎です。

かぼちゃ、ナス、キュウリ、菜っ葉類は大好きです。
また、とうもろこしやフルーツの皮などはごちそうです。
(ネギ、タマネギ、じゃがいも、卵の殻、生米はご遠慮ください。。。)

なお、現在の3匹の写真をアップします。
%e7%84%a1%e9%a1%8c